ニートでも働きやすく採用されやすい職種・仕事

ニート向け

544 views

長いニート生活を送ってきた方や働いた経験がない方が、いざ就職をしようとすると「自分のようなものをきちんと雇ってくれるのだろうか」「自分に仕事が務まるのだろうか」とその職選びすらとても不安になるでしょう。

今回はニートからでも働きやすい職種を、タイプに合わせた解説と共に8種紹介します。

ニートでも働きやすい職種や仕事

事務職・受付・コールセンターの仕事

比較的対人スキルに自信のある方(特に女性)に向いています。長期間はニートであったが、過去に働いたことがある方にもおすすめです。

特に事務職や受付業務は、ほとんどの店舗や会社に必ずある業務ですので常時募集しているところが多く、応募がしやすいことが理由です。

また、これらの職種は一見難しそうに思えますが、医療事務等の専門的なところ以外は、特別な資格はほぼ問われないところもポイントです。中でもコールセンターの主な仕事内容はお客様と顔を直接合わさなくてよく、コミュニケーションは口頭のみでかまわないのも良い点です。

介護福祉関連の仕事

高齢化社会の日本、介護と医療の受容は高まっています。そのため、どこの施設や病院でも常に求人募集をしているのがこの職種です。

よって介護職は、未経験の方や30代40代の方でも採用がされやすく、新人研修も充実しているところが多いのです。また、一度採用をされて手に職をつけてしまえば、職場をかえても働くことができ、資格取得等さらにキャリアアップを目指すこともできます。

今度は自分が人の役に立ちたいと思っている方、コミュニケーションが得意な方、繊細な気配りができるタイプの方におすすめです。

営業職

営業職と言えば、外回り・お宅訪問・ノルマ達成等なかなかハードな仕事内容を思い浮かべるのではないのでしょうか。

しかし、実は営業職とはそんなハードな仕事内容だからこそ求人募集の多い穴場職種なのです。

辞める人も多い分、採用もされやすいという紙一重の仕事なので、「もう一度上を目指してみたい…」そんな熱い思いのニートの方は一度試してみる価値はアリです。

上昇志向のある方にはやりがいがある職種です。

飲食店勤務、販売店勤務

これらの仕事は、他の職種と比べて圧倒的に求人が多いことが特徴です。また、それに加えて雇用する側の希望する年齢や学歴があまり問われません。

そのため、仕事の内容もマニュアルが既に作成されており、未経験でも短期間で馴染んで業務をこなすことができるというメリットがあります。

密な接客をしなければならない時もありますが、多くは事務的なコミュニケーションで十分です。販売店の品出しや飲食店の調理場であれば、仕事のコミュニケーションは必要最低限で良いこともメリットです。

工場作業員

黙々と自分の仕事に専念したい方、コミュニケーションをあまりとりたくない方、ルーティン作業が得意な方に向いている職種です。工場作業も求人が多い上に特別な資格も問われないため、働きやすい職場です。

さらに、工場業務は多くの人と接する機会が明らかに少ないため、対人ストレスがかなり低い職種だと言えます。また、内容によっては高い給料のあるところもあります。その場合、危険な作業が任される作業内容が多いので、集中力のある方におすすめです。

警備員

求人枠が広く、未経験からでも就職可能、さらに向いていれば離職率も低い仕事が警備員です。研修ももちろんあります。そして、注目すべき点は30代、40代の人の採用率が高いことです。

警備員は、基本的に60代くらいの初老の方が多いことが特徴です。何故かと言うと退職をした後にお小遣稼ぎに働きに来る方が多いからです。

そのような中で、まだ社会人として現役の年齢のニートの方が応募をすればどうでしょうか。かなりの確率で採用をしてくれます。また、仕事内容も簡単な部分も多く、巡回やモニターの監視、夜間の警備等であれば空いた時間は自由時間となっているところもあります。

夜間警備員は特に対人関係も少なく、夜起きているのが得意な人におすすめです。

ドライバー

車の免許を持っているのであれば、ドライバーはとても働きやすい職種です。

大きなトラックを運転するための大型免許を持っていなくても、ルート配送やセールスドライバーであれば、普通免許でも十分です。この仕事の魅力は、一人での行う仕事時間が長いこと、対人関係が最低限ですむこと、求人が多いことです。

荷物を積み込んだりと力仕事や厳しい労働時間もありますが、何分この業界は人手が不足していますので採用されやすいこともメリットです。

在宅ワーカー

プログラマーやデザイナー、システムエンジニア等、専門的なスキルを持っている方に向いている仕事です。必要最低限のコミュニケーションのみでよく、家で仕事ができるメリットがあります。

正社員として採用されるまでは難しいかもしれませんが、きちんとした会社に就職できれば在宅でも安定して仕事ができます。

ただし、個人のフリーランスとして仕事をする場合は、ある程度の仕事をこなして有名になったり、経験を積まなければ確実に稼げるまでは時間がかかります。腕に自信がある人は一度目指して見る価値はあるかもしれません。

まとめ

ニートという歴史は、自分の中で就職に大きな壁を作っている方もおられるようですが、真面目に働く気持ちを持ってきちんと仕事を探せば、上記のように十分に働きやすい職種がたくさんあります。

また、詳しい求人情報を見れば、性格や生活スタイルに合わせることもある程度は可能でしょう。まずは就職したらどのようなことをしたいか目的を持って、色々な求人情報を見てみるようにしましょう。

既卒・フリーターから優良企業に就職する方法

転職エージェントの「就職Shop」は、リクルートグループのリクルートキャリアが運営している若手向け転職エージェントになります。

就職成功された方の4人に3人は正社員未経験者なので、フリーターやニートの方でも安心です。