既卒・第二新卒・フリーター・ニートとは?それぞれの違い

求職活動

395 views

就職活動も幾らか楽になってきたここ1,2年ですが、それでも希望の会社に就職出来ないと離職してしまったり、再就職にチャレンジする人もいます。また、正社員になれないのでアルバイトをしている人もいます。

更にもっと以前からニートという言葉もあります。

一体それぞれの言葉の本当の意味を正しく理解している人はいるのでしょうか。

既卒、第二新卒、フリーター、ニートの違いを調べてみます。

既卒とは

既卒とは、中学校、高校、大学を卒業した後、就職をしていない人を指します。

第二新卒と混同される事もありますが、既卒は、卒業後一度も就職していない人のことです。

既卒者は、卒業した時に就職が決まらなかった、或いは公務員を目指していたのに一般企業に就職せざるを得なかった、といった人も含まれますが、原則として学校卒業後に就職していない人のことを指します。

既卒者の就職活動の面接では、「既卒になった理由」が必ずといって良い程聞かれます。

何故内定がもらえなかったか、どうして一度就職した会社を辞めたのか、まず間違いなく聞かれるので、自分なりに回答をよく考えて準備しておくと良いでしょう。

第二新卒とは

第二新卒とは、卒業後一度就職したけれども数年以内に離職して、就職活動をしている人を指します。卒業後1~3年程度で転職活動をしている人達のことなので、年齢としては一般的には20代となります。

第二新卒の割合は近年増加の傾向にあり、厚生労働省の統計では30%の卒業生が3年以内に離職しているそうです。これには企業側の採用形態の変化も関係しているようです。

第二新卒者のメリットとしては、企業側が第二新卒者を求める傾向が高くなっている点が挙げられます。これは、新卒と違い、入社後の教育コストが掛からない、または低く抑えられる。最低限の社会人としてのマナーを既に身に付けているという点が評価されるからです。

そして、20代という若さから、順応性や適応力が高い、行動力に優れているので期待出来る、といった点が挙げられます。企業側としても、最低限の教育を既に受けている分、即戦力として使えるのはメリットですね。

他方デメリットとしては、新卒で入社した会社を短期間で辞めたことに対する印象です。人事担当としては、自社に入社しても、また短期間で辞めていく可能性を考えてしまうのは仕方の無いことでしょう。

また、入社後は社会人経験者として周囲からみなされるので、最低限のマナーはしっかり守るように気を付けましょう。

フリーターとは

フリーターとは、正社員ではなくアルバイトであっても、社会で仕事をしている人のことを指します。また、アルバイトを探している最中の人も含みます。

フリーターは「自分で生計を立てられる最低限の収入を得ているアルバイター」と言えるでしょう。

正社員で無い為に、ちょっと異端の目で見られることがあったり、親が将来を心配することはありますが、フリーターは就職や社会で働くことに抵抗は無く、自分が暮らしていくだけの物は自分で稼いでいます。

ただ、正社員に比べれば収入も少ないですし、厚生面での保証もありません。その為結婚をするのはかなり難しいでしょう。

そして、正社員として就職を考えた時、30代になると企業側が採用しなくなります。第二新卒と違って「若さ」が無い分順応性や成長性が無いと見られてしまうからです。

年を取って行くことを考えると、アルバイトでも採用されにくくなると考えられます。20代のうちに正社員になる就職活動をした方が良いでしょう。

ニートとは

ニートは無職の人を指します。そして、就職活動や職業訓練もしていない状態です。

判断が難しいのは、家で内職のような仕事をしている場合ですが、その収入だけでは自活できなければニートと言えるでしょう。

一方正社員でなく、不定期に仕事をしていても、本人がモデルなりインストラクターだと名乗れば、それが本業と他人からは捉えられることもあります。

ニートとフリーターは区別が無いと言う人もいますが、やはり就職する意欲があるかないかに、大きな違いがあると思います。ニートは不労所得や家族の世話が無ければ、すぐに食べるのにも困る状態になるでしょう。

その点では、ニートはフリーターよりも更に不安定な状態で、家族なり親族なりに生活の面倒を見てもらっている状態です。

そして、就職する気が無いので、周囲は本人の将来を心配していることが多いです。

まとめ

こうして見て来ると、

  • 既卒・・・就職経験が無い
  • 第二新卒・・・就職した会社をおよそ3年以内で辞めて、再び就職活動をしている
  • フリーター・・・正社員では無いが働く意欲があり、自活出来ている
  • ニート・・・就職意欲が無い。内職等をしていても自活力は無い

と言うことになります。

いずれの場合でも、なるべく早く、出来れば20代のうちに就職活動をし、正社員になって、自活出来るようになることをお勧めします。

既卒・フリーターから優良企業に就職する方法

転職エージェントの「就職Shop」は、リクルートグループのリクルートキャリアが運営している若手向け転職エージェントになります。

就職成功された方の4人に3人は正社員未経験者なので、フリーターやニートの方でも安心です。