ハローワークで求人を探すメリット・デメリット

求職活動

453 views

ハローワークの求人はブラック企業が大半!」「小さな会社しか求人が無い!」などの声をよく聞きます。

確かに、ハローワークの求人は転職サイトと違って無料で掲載できるので、とにかく大量に求人を載せているブラック企業や、経営面で不安のある会社の求人が多数掲載されているのは事実です。

そもそも今ではスマホを使って求人を探すのがベターになっているので、わざわざハローワークまで出向いて求人を探している若者は少なくなっていますが、求人サイトにはない魅力は当然あります。

ここでは時代に取り残されつつあるハローワークの強みについて解説していきます。

ハローワークで求人を探すメリット

  • 求人応募がとにかく簡単
  • 失業保険の手続きを行うついでに求職活動ができる
  • 地域密着の求人が多い
  • 採用されやすい
  • 応募状況が分かる
  • 相談できる人がいる

求人応募がとにかく簡単

転職サイトであれば、ネットを経由して自分で応募して、後日担当者から連絡がある、面接日の設定や面接時に必要なものなどを聞いたりなど、全て自分で行う必要があります。

しかし、ハローワークでは気になる求人があれば、それを専用の端末で印刷して窓口に持っていけば、面接日の設定や必要なものなどの確認事項を全てハローワーク側で処理してもらうことができます。

何度も転職活動している方であれば、転職サイトでもスムーズに行うことが出来ますが、初めて求職活動される若者には心強いです。

失業保険の手続きを行うついでに求職活動ができる

ハローワークに出向くのは面倒ですが、失業して失業保険の手続きをしている方であれば、手続きをするついでにそのまま求人を探すことで手間を省くことができます。

地域密着の求人が多い

ハローワークの求人は基本的に、ハローワークを管轄している地域の求人がメインになりますので、都会の大企業で働きたい方には不向きですが、地元から離れたくないから地域の求人を探したいと思われている方にはお勧めです。

採用されやすい

求人サイトや転職エージェントの求人は、確かに大企業など好条件の求人が多くを占めていますが、その分、競争率が上がってしまいます。

ハローワークの求人は中小企業がメインになるので、競争率が低く採用されやすいです。経験の乏しい若者にはありがたいですよね。

応募状況が分かる

これは結構知らない方が多いですが、ハローワークで求人に応募する際に、その求人に今何人の応募があるのかを事前に教えてもらうことができます。

あまりに応募数が多ければ、回避して違う求人に応募することも出来るので、これは求人サイトや転職エージェントにはない大きなメリットです。

相談できる人がいる

求人サイトの場合は、求人に応募する判断を全てを自分で行いますが、ハローワークの場合は応募する際に相談員に相談しながら応募することができるので、応募した際に「似たような求人があるのでこちらも応募してみませんか?」などとアドバイスを貰えることがあります。

もちろん、自分のある程度の希望は大事ですが、自分一人の考えだけにとらわれず、他者の意見も耳に入れてみることで、変わることがあります。

ただ、私が失業してハローワークで求人を探していた時の相談員は、凄く親身になって相談にのってくれて良い印象がありましたが、口コミなどを見ていると対応が不誠実という声もよく聞きます。

転職エージェントでは会社の利益の為に、無理に応募を押し付けてくることもありますが、ハローワークは事業ではありませんので、そういったことはありません。逆にどれだけ応募してもらっても職員の給料に反映されるわけではありませんので、適当な対応しかしない職員が多いことも事実です。

いわゆる役所対応ってやつですね・・・

ハローワークで求人を探すデメリット

  • 求職者多くて待ち時間が長い
  • 規模の小さい会社が多い
  • 待遇の悪い会社が多い
  • 職員の知識が乏しい

求職者多くて待ち時間が長い

私はこれまで3回違う地域のハローワークを利用したことがありますが、名古屋市ではホントに人が多くて求人を観覧するだけで30分以上待たされたので、それだけでめげてしまいました。

  1. 都心部のハローワーク
  2. 求職者が多くなる3月と8~9月
  3. 午前中

は要注意です。

求人サイトでは待つことは無いし、転職エージェントでも事前予約が一般的なので待たされることはありません。

今思えば、せっかちな私には向いていませんでした。

規模の小さい会社が多い

冒頭でも言いましたが、ハローワークでは無料で求人を載せることができるので、規模の小さな会社の求人が目立ちます。

ですので、「大企業で働きたい!」「高収入を得たい!」などの野心がある若者には向きません。

同じ求人が多い

転職サイトであれば求人掲載が有料になるので、やたら滅多に求人を載せることができませんが、ハローワークは無料なので、人手は足りているけどとりあえず求人を載せている会社も多いです。

ハローワークの求人を見てもらえば分かりますが、何ヵ月も同じ求人が載っていることが多々あります。

職員の知識が乏しい

転職エージェントのコンサルタントは、入社時に研修を行い十分な知識を要した状態で、カウンセリングを受けることができます。

ハローワークの職員は公務員や臨時職員が担当するので、どうしてもお役所仕事になってしまいがちです。

私はハローワークと転職エージェントの両方を利用したことがありますが、例えば応募先の企業がどういった事業を展開しているのか、実際に就業した際にどういった仕事を行うのか具体的に教えてもらいました。

ハローワークの職員にいくつか質問をしましたが、結局分からず仕舞いでしたので、ちょっと頼りないな。。。って思いました。

まとめ

いろんな会社や仕事がある現代だからこそ、きちんとした安心できる会社に勤めたいと思うのは皆、同じです。ハローワークを通じて分かることや知ることもあるはずです。

面倒だという理由だけで敬遠している方は、一度はハローワークへ行ってみて下さい。それは、あなたが大人になれる第一歩でもありますし、安心できる職場を見つけられる近道があるかもしれません。

既卒・フリーターから優良企業に就職する方法

転職エージェントの「就職Shop」は、リクルートグループのリクルートキャリアが運営している若手向け転職エージェントになります。

就職成功された方の4人に3人は正社員未経験者なので、フリーターやニートの方でも安心です。